藤本監督が明かす新庄監督との意外な縁「出る時間が一緒で待ってくれていた」

西日本スポーツ 鎌田 真一郎

 ホークスは野球力勝負! ソフトバンクの王貞治球団会長兼特別チームアドバイザー(81)が秋季キャンプ初日の4日、野球の「中身」にこだわる考えを明かした。この日、日本ハムの新庄剛志新監督(49)の就任会見が行われ、さっそく展開された“新庄劇場”に魅力あるプレーで対抗する構えだ。また藤本博史監督(57)はかつて“隣人”だったことを明かした上でリーグ発展の共闘を誓った。

   ◇   ◇

 青空の下、宮崎アイビースタジアムの芝生に円陣ができた。新任コーチ、藤本監督に続き、熱いメッセージを送ったのが王球団会長兼特別チームアドバイザーだ。「今は世代交代の時だから、どんどん積極的にコーチを活用してやりなさい」。伸びしろ十分の若手に貪欲な姿勢を求めた。

 球界の主役に返り咲くための土台を築く貴重な秋。4年続いた日本一は途絶え、ライバルがポストシーズンを控える中での仕切り直しだ。「残念だけど、こういうことをしなさいと、神の啓示みたいなもの」と再スタートに必要な時間だと受け止める。

 宮崎から遠く離れた北海道では日本ハムの新庄監督の就任会見が行われていた。「プロ野球を変えたい」。新指揮官の固定概念にとらわれない言動は、球界を超えて注目を浴びる。だからこそ、王会長は原点に立ち返る大切さを説いた。

 「お客さんが入るのはうれしいこと。でも、やっぱり野球の中身を良くしないと。ただの興味で来てもらうのではなく、野球そのものをテレビよりも、野球場に足を運んで見たいと思うようなプレーをね。だから、こういう秋の練習なんかが大事」

 ポストシーズン進出を逃したのは8年ぶりの屈辱だ。「4年間日本一という良い流れの中でいたから、やっぱり緩やかになっていた部分もある」。“現場復帰”となった王会長の思いに、藤本監督も「選手も会長から教えてもらったらピリッとなる」と期待する。

 藤本監督は監督として「同期」となる新庄監督との意外な縁を明かした。現役最終年の1998年、オリックス時代に兵庫・芦屋市内で同じマンションに住んでいたという。「いつも(車で)出る時間が一緒で、僕が出るのを待ってくれていた。パッと会ったら紳士です」と印象を語った。再会はグラウンド上の敵将として。「新庄も明るいし、パ・リーグがどんどん盛り上がってくれたらありがたい」と共闘を誓った。(鎌田真一郎)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ