柳町は「長谷川2世」!直々の後継指名に「頑張らないと」 今季ウエスタン最多安打

西日本スポーツ

 ソフトバンクの柳町達外野手(24)が「長谷川2世」に後継指名された。来季3年目を迎えるヒットメーカー候補は「うれしいとともに、頑張らなければいけない」と気を引き締めた。

 今季までともにプレーしていた長谷川打撃コーチから共通点を見いだされていた。「じっくり球を選んで打っていけるタイプ。僕も若いときは出塁率を意識して打撃に立っていたので、そういう姿が見られるのは柳町が近い」と理由が明かされた。

 今季20試合に出場した柳町は打率こそ2割2分9厘ながら「選球眼は自信があるので、それがボールを見ることにつながる」と出塁率は3割2厘。最終戦の10月25日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)でプロ1号を含む初の1試合3安打もマークした。今季ウエスタン・リーグでは最多の88安打を放つなど大きく成長し、この秋は「個人の技術をアップすることを目標にやっていく」とさらなる飛躍の土台をつくる。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ