西武平石洋介コーチ「最大の要因は稼頭央さん」ソフトバンク退団し合流、さっそく育成に原石発見

西日本スポーツ

 西武の平石洋介打撃コーチ(41)が9日、埼玉県所沢市の球団施設で新任コーチ会見に臨んだ。「楽しみと不安もあるが、チームがいい方向に向かうよう全力でサポートしていきたい」と決意表明。大阪・PL学園高の先輩に当たる松井稼頭央新ヘッドコーチ(46)とのタッグで“獅子脅し打線”の復活に尽力する。

 2019年に楽天の監督を務め、20、21年はソフトバンクでコーチを任された。西武入りを決めた理由について「最大の要因は稼頭央さんの存在。後輩の僕が言うのもおこがましいけど、何でも言い合える。それぐらい器がでかく、腹を割って付き合える間柄だと思っている」と明かした。楽天でもともに戦い、固い絆で結ばれた。

 会見前にはスーツ姿で練習を見て回った。「若い選手も出てきて非常に楽しみ。『おっ』という選手もいてちょっとびっくりした」と育成の長谷川に目を奪われたという。10日から本格始動。「毎日グラウンドにギラギラした表情で来てほしい」と選手たちに熱量を求める。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング