国内FA権取得の千賀、球団との交渉は「本当にこれから」 秋季キャンプに途中合流

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク秋季キャンプ(9日、宮崎・生目の杜運動公園)

 ソフトバンクの千賀滉大投手(28)が9日、宮崎で行われている秋季キャンプに第2クール初日から合流した。

 今季最終登板となった10月25日ロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)で6年連続2桁勝利に到達してから2週間が経過。「きょうから、来年に向けてスタートという形を取らせてもらった」と完全休養が明けたエースが2022年シーズンに向けて動き始めた。

 合流初日となったこの日は、フィジカルチェックを行うなど別メニューで調整。当初、秋季キャンプを免除されていた右腕は「投げる中で、まだまだロスがある感じ。自分のやるべきことを明確にし、例年にはない時間を活用したい」とキャンプに参加した意図を説明した。

 また、10月に国内FA権を取得したことに関し、球団との交渉は「本当にこれから」と慎重な姿勢を見せつつ「けがせず1年間野球をやって、チームに貢献できるように」と語った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ