長崎日大23年ぶりセンバツ有力 試合内容は反省「チグハグだった」

西日本スポーツ

 ◆高校野球秋季九州大会 準々決勝 長崎日大7-1佐賀商(9日、平和リース球場) 

 長崎日大は終盤に佐賀商を突き放した。1点リードの7回に四死球に連打を絡めて一挙5得点。結果だけを見れば7-1の快勝ながら、平山清一郎監督は「内容的にはちぐはぐだった」と振り返った。

 初回にいきなり先制された。先発の種村(2年)は失点後にブルペンで修正。相手打線を2回以降は7回まで2安打に封じ込めたが「(ブルペンでの修正は)普段したことはないが気持ちが乗っていなかったので」と反省した。

 昨年の秋季九州大会は初戦で宮崎商にコールド負け。先輩の悔しさも背負って奮起し、来春の23年ぶりの選抜出場を有力にした。平山監督は決勝進出を懸けた九州国際大付戦を見据え、「発展途上のチームなのでしっかりと準備して次に臨みたい」と力を込めた。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング