西武に体重103キロの超大型遊撃手 ドラフト6位の中山が入団合意 中村、山川、渡部と100㌔超級カルテット

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武からドラフト6位指名を受けた白鷗大の中山誠吾内野手(22)の入団が10日、決まった。栃木県小山市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸700万円で合意(金額は推定)。身長190センチの大型内野手は「体格を生かした持ち前の長打力でスケールの大きな選手になりたい」とビッグな目標を口にした。

 長身に加え、大学4年間で18キロの増量に成功し体重103キロと大台を超えた。西武の野手では中村、山川、渡部に続く100キロ超級。伝統の“アンコ型”ではないが、瞬発力も兼ね備える。「長距離に加え中距離も打てるのが自分の持ち味。今はまだまだだけど、森選手のようなフルスイングをまねできたら」と同じ左打者の森を理想とする。

 守備は遊撃が主戦場。社会人野球を経験した父誠さん(59)に、小さなころから鍛えられてきたという。「リーチは人より長いので自分の体を生かせば(打球に)届く範囲も広がる」と大きな体も最大限に生かす。打って守れる大型内野手を目指し、プロの世界に飛び込む。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング