西武に「サニブラウンに勝った男」を刺した強肩捕手 ドラフト3位指名の中大・古賀が入団合意

西日本スポーツ

 西武からドラフト3位で指名された中央大の古賀悠斗捕手(22)=福岡大大濠高出身=の入団が12日、決まった。東京都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸1200万円で合意した。(金額は推定)

 「1年目から1軍を目指して勝負したい」と誓った古賀の最大の武器は、二塁送球1秒8台の強肩。大学の1学年先輩で「サニブラウンに勝った男」と称される日本ハムの五十幡を紅白戦で刺したこともあり、今季9盗塁を記録した先輩を「自分の肩で止めたい」と意気込む。

 性格面では「社交性があって、コミュニケーション能力も高い」と自負している。大学で主将を務めた高い“コミュ力”も発揮して、投手陣の懐に飛び込む。(小畑大悟)

関連記事