川崎宗則が証言「イチロー独特の流儀」に斉藤和巳氏は納得「それ、分かるよ」

西日本スポーツ

 ソフトバンク、米大リーグなどで活躍した川崎宗則内野手(40)=独立リーグ、ルートインBCリーグ栃木=がファンとの交流イベントで、尊敬するイチロー氏(48)のエピソードを紹介。ゲストでソフトバンクの元エース斉藤和巳氏(43)=西日本スポーツ評論家=が共感を見せる一幕があった。

 食事しながらのトークでファンと交流するカジュアルな内容。話題は野球に限らず、食の好みも大いに語った。中でもカレーの話題は大盛り上がり。ソフトバンク時代、本拠地ペイペイドーム(現名称)での練習日は、決まって選手食堂でカレーが提供されていたという。斉藤氏は「バランスが最高なんよ」と食堂の味を絶賛。微妙に変化があると繊細に感じ取り「今日、作った人違うでしょ」と指摘して驚かれたと笑った。

 斉藤氏の、並々ならぬカレーへのこだわりを見込んだ川崎が「イチローさんもカレーが大好き。これを一回、和巳兄ィに聞きたかった」と質問。「ゴルフに行くじゃないですか。昼(イチロー氏が)カレーを頼むんですけど『ビーフカレーのビーフ抜き』って言うんですよ」と、イチロー氏とラウンドした際の出来事を明かした。

 「お~、なるほど」と斉藤氏。「分かるんですね」と川崎が興味津々で聞くと、斉藤氏は「そこのビーフカレーのビーフの大きさにもよるな」と前置きした上で「多分イチローさんと共通するのは『野菜カレーは違う』っていうこと」と推論。川崎が「(イチロー氏も)言ってました」と驚くと、斉藤氏は「そやろ?」とふに落ちたようで「カレーを邪魔する。ルウが常に主役じゃないと。『具が大きい』ってCMあったけど、主役はルウやから」と持論をぶった。

 斉藤氏は「ゴルフ場のカレーって上品なカレーが多いから(細切れでなく)しっかり『肉』って感じがあったと思う。イチローさん、写真を見て思ったんやない? 分かる分かる。それ、分かるよ」と推察した。ちなみに川崎自身は「いつもそれ(ビーフ抜きの注文)を見て、一緒に頼もうかな~と思うんだけど(2人前分の作業は)大変かなと思って、普通にしょうが焼き定食」なのだと言う。

 「スナックムネ」と題した同イベントは、オンライン交流イベントとして昨年始まり、今回は初めて有観客で開催。12日に日米で活躍した岡島秀樹氏、13日に斉藤氏がそれぞれゲスト出演した。両日とも後日、録画配信を行う予定。「サプライズゲスト」も参加し、ざっくばらんにファンと交流している。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ