「大迫級」U-18代表監督が絶賛 総体得点王の神村学園高・福田60M弾含む2発

西日本スポーツ

 千葉市内で合宿しているサッカーU-18(18歳以下)日本代表候補が17日、若手主体で構成された横浜Mと練習試合を行い、神村学園高(鹿児島)2年のFW福田師王が2ゴールを決めて存在感を放った。試合は3-3で引き分けた。

 

 後半開始から登場した17歳の福田は、1-2で迎えた12分に右サイドからのクロスをダイビングヘッドで合わせて一時同点のゴール。再び相手にリードを許した30分には相手GKが飛び出していたのを察知し、センターサークル手前から約60メートルの超ロングシュートを決めた。どちらも卓越した得点感覚を発揮したゴール。福田は「GKの位置が高いと思い、試合に出る前からロングシュートを意識していた。自信は持てるが、引き分けだったので物足りない」と志の高さを示した。

 昨年から年代別代表に選ばれ続け、チームが8強入りした今夏の全国高校総体では5ゴールで得点王となった。昨年は苦手としていたクロスボールへの対処も「克服して自分の特長になっている」と成長めざましい。

 同じ鹿児島県出身の超高校級ストライカーとして日本代表FW大迫勇也(神戸)と比較されることが多い。ポテンシャルの高さに、J1鹿島でプロ入り直後の大迫とプレーしたU-18日本代表の大岩剛監督も太鼓判を押す。「大迫と同じように全てのレベルが高い。今後いろんな要求をされて壁に当たると思うけど、(大迫)勇也が越えていったように、彼(福田)もすんなり越えていくのでは」と期待を寄せる。

 名前の「師王」は両親から「人を導くことのできる、その道で最も優れた人になるように」との願いからつけられたという。「シュートの本数だったり、常にどこからでも打てるためのボールの持ち方が全然足りない」と向上心をむき出しにする福田は、年末に開幕する全国高校選手権に向けて「一戦一戦大事に戦って優勝したい」と鹿児島城西高時代の大迫でもあと一歩届かなかった初優勝を果たし、日本で最も優れたストライカーへと登り詰めていくつもりだ。

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング