J1大分、降格圏脱出へ20日に鹿島戦 片野坂監督はJ3時代の経験を振り返る

西日本スポーツ

 J1で18位に沈む大分トリニータは20日、敵地で4位鹿島と対戦する。残留ラインの16位清水との勝ち点差は5で、鹿島に勝たなければ清水や15位湘南の結果次第でJ2降格が決まる窮地。オンラインで会見した片野坂知宏監督(50)は「残り3試合もあきらめない。最後まで粘り強く戦う」と今季1勝2分け14敗と苦手なアウェー戦から奇跡を起こす覚悟だ。

 今季リーグ最少26得点の大分は敵地の17試合でわずか9得点。ただ、アウェー鹿島戦では2連勝中で、昨年はシュート数が5対17と圧倒されながら、粘り強く守り、後半に少ない好機をものにして2-0で勝利をもぎとった。DF三竿雄斗(30)は「先制すればいいイメージができる」と昨年の再現を目指す。

 片野坂監督は就任初年度の2016年にはJ3で栃木、鹿児島と2枠の昇格を巡る大激戦の末、ラスト5試合を全勝して優勝でJ2に復帰した。「当時は開き直りというか、やるしかなかった。状況は違うが、勝つための準備はしたんだという気持ちをぶつけてほしい」と、選手たちに正念場での意地を期待した。(末継智章)

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング