ソフトバンク古谷が秋季キャンプ離脱 左手血行障害疑いで

西日本スポーツ

 ソフトバンクの古谷優人投手(22)が18日、左手第3、第4指血行障害の疑いで秋季キャンプを離れることになった。同日、福岡に戻りリハビリ組に合流する予定。

 古谷は2017年の11月には「胸郭出口症候群」と診断されていた。今季は10月14日楽天戦(楽天生命パーク宮城)でプロ初勝利を挙げるなど、13試合に投げ1勝1敗2ホールド、防御率2・03だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ