男子は大牟田、女子は敬愛がV 九州高校新人柔道

西日本スポーツ

 第25回九州高校新人柔道大会(西日本新聞社など後援)が18日、大分市の昭和電工武道スポーツセンターで開幕し、男女の団体戦が行われた。男子は大牟田(福岡)、女子は敬愛(同)がともに9度目の優勝を飾った。

 男子・大牟田の次鋒、森山耀介(2年)は「決勝でも得意の大外刈りが決まり、内容には満足している。チーム全員が一丸となって勝ちに行った成果」と語った。女子・敬愛の中堅、滝本稟夏(1年)は「優勝できたが(個人的には)4試合のうち、得意の内股が1度しか決まらず、悔しい。練習を積んでインターハイ個人優勝を目指す」と誓った。

 最終日の19日は男女の個人戦がある。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング