「今、1年目で一番1軍に近い」藤本監督期待の川原田純平 「鷹の井端」目指し奮闘中

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 ソフトバンクに今季ドラフト4位で入団した川原田純平内野手(19)が「鷹の井端」を目指して奮闘を続けている。今季2軍監督として指導した藤本監督は、川原田の遊撃の守備力について既に1軍レベルと高く評価。課題の打撃向上へ、中日、巨人で活躍した井端弘和氏らを目指すようにプレーの動画集を送り、本人も逆方向への打撃などに取り組んでいる。高卒2年目の来季に向け、将来の正遊撃手候補が走攻守で飛躍を目指す。

   ◇   ◇

 午前9時からのアーリーワークに始まり、特打、特守を終えて球場を出るのは空が暗くなる夕方。「一日一日、シーズン中に見えなかった課題が出てくる。充実した日々を過ごしている」。ハードな毎日でも、川原田の瞳は輝いている。

 青森山田高から入団1年目の今季は2軍戦17試合に出場。高校時代から高く評価された遊撃での守備はプロでも堅実で、藤本監督も「(守備がいいので)今から1軍に行っても十分使える。今、1年目(の選手)で一番1軍に近いと思う」と認めるほどだ。

 一方で打撃では2軍戦で打率0割8分3厘に終わった。特にスイングの強さが課題となっているが、藤本監督は「野球勘があり、チーム打撃はそこそこできる」と良さも見いだしており、2軍監督として指揮を執った「みやざきフェニックス・リーグ」では主に2番で起用した。

 同じ右打ちのショートで体格も近い今宮の後継者として期待される存在。藤本監督は目指すべき選手として、名遊撃手だった井端氏、元ヤクルトの宮本慎也氏の名を挙げる。ともに安定した守備と右方向への打撃が武器。フェニックス・リーグ前には2人のヒットの場面を集めた映像を送った。川原田は特に井端氏の打撃映像を繰り返し見た。「内角のボールを右に打とうとしているのが見えて、詰まってもヒットになっている。そういうところがすごい」。同リーグでも右方向への打撃を実践した。17試合中16試合に出場し、打率3割4分1厘をマーク。「右打ちを多くやってと言われて、たまたま結果が出ている」と手応えを得た。

 今季は高校の4学年先輩の三森が二塁のレギュラーとしてブレーク。川原田にとっても刺激になっている。「二遊間をいずれ組みたい。高校の監督にそれを見たいと言われて福岡に来たので、いつか実現できたら」。青森山田高コンビの結成へ、まずは来春キャンプで主力中心のA組入りを目指す。「2軍で見てもらった藤本監督が1軍監督になってチャンスは増えると思う。来年は1軍で少しずつ試合に出たい」。ユニホームを泥だらけにしながら、来季の飛躍を夢見る。(伊藤瀬里加)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ