「穴が開くほど見て」元HKT48駒田京伽が写真集イベント、冨吉明日香も登場

西日本新聞 古川 泰裕

 元HKT48の2期生・駒田京伽(24)が20日、東京都新宿区大久保の「代アニLIVEステーション」で自身初の写真集「昼想い、夜夢む」製作記念のイベントを開催した。HKT48在籍時に共演したコントユニット「大人のカフェ」の3人や同期で同じ宮崎県出身の冨吉明日香(24)も登場し、写真集の魅力や昔話に花を咲かせファンを楽しませた。夜の部では25歳の誕生日を祝うファンからのメッセージに目を潤ませる場面もあった。

 「コント劇っぽくしたい」という本人の希望により「大人のカフェ」とのミニコントで開幕した。ゲストの冨吉は、独自の感覚で選んだ写真集のお勧めカットにセーラー服を着て赤い自転車に乗っている一枚を選択。「もうすぐ25歳なのにセーラー服を選んだのはすごい」と、いじり気味に理由を説明すると、駒田も「おい!」と小気味よく突っ込むなど息の合ったトークを見せた。

 HKT48を2019年6月に卒業して以降、「SHOWROOM」での動画配信を中心に活動してきた駒田。21日に25歳の誕生日を控え「これまでの活動の集大成を直接ファンに届けたい」とイベント開催を決めた。ファンと直接顔を合わせるのは、卒業前にあったHKT48の握手会以来という。イベントの最後に「卒業してからも応援していただいていることを実感できた。こうしてまた顔を合わせる機会ができたのも皆さんのおかげ」とファンに感謝し「写真集は穴が開くほど、穴を開けても見てほしい。今後もこういうイベントをやりたいと思うので、応援よろしくお願いします」と意気込みを新たにした。その後は、サインを書き入れた写真集をファンに手渡し。「元気だった?」「久しぶりだね」などと言葉を交わしながら、約2年半ぶりの交流を楽しんでいた。

(古川泰裕)

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング