「1年間やってきた結果なので受け止める」J2降格の大分主将

西日本スポーツ

 サッカーの明治安田J1は20日、各地で行われ、横浜FCと仙台、大分は来季J2への降格が決まった。

 大分は鹿島と0-0で引き分け、降格が決定。GK高木駿主将は「勝ちしか考えず、とにかく1点がほしかったので悔しい。(降格は)1年間やってきた結果なので受け止める。まだ2試合残っているので、とにかく戦う姿勢、次につながる姿勢を見せたい」と話した。

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング