初出場の九国大付 1年生佐倉の先制弾も逆転負け

西日本スポーツ

 ◆明治神宮大会高校の部準決勝 九州国際大付高2-9(7回コールド)大阪桐蔭高(23日、神宮)

 初出場の九州国際大付(九州)が逆転負けを喫し、決勝進出を逃した。

 2回に1年生4番の大型スラッガー、佐倉侠史朗が右越えのソロ先制本塁打。同点の3回には黒田義信(2年)のソロ本塁打で一時勝ち越したが、今大会初登板した野田海人主将(同)が6回に大阪桐蔭の強力打線に捕まった。佐倉は「(個人的に)持ち味の長打力を出せたのは良かったけど、打力で大阪桐蔭に上回られた。もっと長打力も勝負強さも磨きたい」と来春のセンバツに向けてさらなる成長を誓った。

 大阪桐蔭は25日の決勝で広陵(中国)と対戦する。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング