野村大樹の目からこぼれ落ちた涙は飛躍への架け橋だ

西日本スポーツ

【TVQデジタルスポーツ部】

武田鉄矢さんは「悲しみが多いほど人に優しくできる」と歌い、岡本真夜さんは「涙の数だけ強くなれる」と歌った。 本気で取り組み、流した涙は、きっと裏切らないはず。 藤本監督が期待する野手として、1番最初に名前が出てきた野村選手。 監督に、「4割打っても、1割5分引かなあかん」と言われた守備を強化中だ。 泥だらけになって、マメをたくさん作って、飛躍の1年に向けた準備を進めてほしい。森田健作さんの歌を借りれば、来年は「さらば涙と言おう」かな。 来シーズンの終わりを笑顔で振り返れるような1年にしてほしい! (結城亮二)

制作著作 : TVQ九州放送

★「ホークスプラス」毎週月曜 午後9時54分放送★

https://www.tvq.co.jp/sports/hawks_plus/

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ