大阪桐蔭に完敗も豪快アーチで爪痕残した九国大付の1年生スラッガー佐倉

西日本スポーツ 末継 智章

 ◆明治神宮大会高校の部準決勝 九州国際大付高2-9(7回コールド)大阪桐蔭高(23日、神宮)

 初出場の九州国際大付(九州)が逆転負けを喫し、決勝進出を逃した。2回に1年生4番の大型スラッガー、佐倉俠史朗が右越えのソロ先制本塁打。同点の3回には黒田義信(2年)のソロ本塁打で一時勝ち越したが、今大会初登板した野田海人主将(同)が6回に大阪桐蔭の強力打線に捕まった。

 ◇   ◇

 結果的には完敗も強烈な爪痕を残した。先頭打者で迎えた2回。九州国際大付の佐倉が、右翼席へライナー弾をたたきこみ観衆8500人の度肝を抜いた。高校通算8本目で、今大会初となる先制ソロ。敗れた悔しさをかみしめつつも「これまで4番として活躍できていなかったけど、持ち味の長打力を出せた」と一発には納得した。

 直前の準決勝第1試合で、花巻東(岩手)の佐々木が高校通算49本目となる同点3ランを放った。183センチ、117キロの佐々木に対し佐倉も182センチ、104キロ。大型1年生スラッガーとして比較されており、佐倉も佐々木の1発を目に焼き付けるほど注視してきた。

 「本数も含めて自分より全然すごいバッター。今までは彼を(過剰に)意識してしまう部分があったけど、きょうは相手との戦いに専念できた」。目線がぶれないよう低く構えるため、右足を大きく踏み出して下半身を沈み込ませる独特のフォームから外角高めの直球を力強く打ち返した。

 3回には黒田が右越えソロ。「横綱」大阪桐蔭を相手に一発攻勢で主導権を握ったが、6回に集中打を浴びて逆転された。佐倉も残る2打席は三振で「もっと長打力と勝負強さを磨きたい」と成長を誓う。高校時代から同学年の清宮幸太郎(早実-日本ハム)に対抗心を燃やして日本屈指の強打者へ成長を遂げた村上宗隆(九州学院-ヤクルト)のように、佐倉も佐々木に刺激を受けながらさらにスケールを大きくしていく。(末継智章)

 ◇  ◇

○…九州国際大付の先発野田(2年)は、力投むなしく中盤につかまった。2試合連続完投勝利した香西(同)の疲労を考慮されての今大会初登板。140キロ台中盤の直球と切れ味鋭いスライダーを駆使し、3度の併殺を完成させるなど要所を締めたが、球数が100球に達した6回に2死から5連打を浴びて7失点を喫した。本来は捕手で主将も務め、九州大会決勝でも登板した「三刀流」は「甘く入った球を打たれた。終盤に集中打を浴びたのは反省点」と課題を挙げた。

 

 

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング