国学院大・武内が8回2死までパーフェクト、3安打完封で準決勝へ

西日本スポーツ

 ◆明治神宮大会大学の部準々決勝 国学院大4-0九産大(23日、神宮)

 国学院大(東都)の武内夏暉(2年・八幡南)が九産大(九州)を相手に8回2死まで一人も走者を出させない快投を披露し、3安打完封勝利で準決勝に駒を進めた。今秋の東都大学秋季リーグでリーグデビューしたばかりの左腕は、緩急をつけた投球で故郷福岡の強豪校を封じた。

 今大会初戦の九産大(九州)は8回2死から福森秀太(4年・北九州)が左前打。史上初の完全試合を免れたのを機に一、二塁までチャンスを広げたが、後続が倒れた。今年の春と秋の福岡六大学リーグで無敗を誇ったエース渡辺翔太(3年・北九州)が7回5安打1失点と粘ったが、打線の援護に恵まれなかった。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング