ソフトバンク2位指名の慶大正木が「大学4冠」に王手 準決勝で4打数4安打 明治神宮大会で打率8割5分7厘

西日本スポーツ

 ◆明治神宮大会 大学の部準決勝 慶大6-4神奈川大(24日、神宮)

 ソフトバンクからドラフト2位で指名された慶大の正木智也外野手(22)が4打数4安打の大活躍で打線をけん引し、東京六大学勢では初の「大学4冠」へあと1勝に迫った。

 初回は右前打、3回は中前打、5回は左前へと運び、8回は右前へはじき返した4番打者は「4打数4安打はできすぎだけど、しっかりと自分のスイングができている」とうなずいた。チームは同点の9回に下山悠介内野手(22)に劇的なサヨナラ2ランが出て熱戦を制した。

 正木は東農大北海道オホーツクとの初戦での決勝アーチを含む2安打に続く1試合複数安打で、今大会は7打数6安打の打率8割5分7厘。副将も務める主砲は「ベンチの25人だけでなく、部員全員で勝ちにいきたい」とチームの思いを代弁した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ