支配下の18歳ルーキー田上に育成契約打診 球団は状況説明「本人も理解してくれている」

西日本スポーツ

 ソフトバンクは25日、ドラフト5位ルーキーの田上奏大投手(18)と来季の支配下契約を結ばないことを通告したと発表した。来季の育成契約を打診している。

 同日にオンライン対応した井上広報室長は、今回の経緯について「首脳陣も期待しているが、全体的に投手の経験が浅い。じっくり育成し、無理せず育てたいというのが球団の考え方。補強の枠の問題もある。しっかりとした投手になれるようバックアップするという話はしている」と説明した。

 今年の戦力外通告の第2次期間はクライマックスシリーズの全日程終了の翌日から日本シリーズ終了の翌日と定められており、「(通告が)期限ぎりぎりになってしまい、彼には申し訳ないと思っている」と説明した。田上の受け止めについては「本人も状況については理解してくれている」と強調した。

 田上は今後、自由契約となり、他球団と契約する可能性もある。「支配下で獲得する意思のある球団が出てきたら彼も考えるところはあるんじゃないかと思う。そこは彼自身の将来のこともある。そういう状況があるのも理解した上でのこと」と説明した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ