西武が新外国人オグレディを獲得 渡辺GM「一発の魅力もある中距離ヒッター」 左腕エンスに続く外国人補強

西日本スポーツ

 西武は26日、元パドレスのブライアン・オグレディ外野手(29)=188センチ、98キロ、右投げ左打ち=の獲得を発表した。背番号は30。

 米大リーグではレッズ、レイズでもプレーし、今季はダルビッシュ有が所属するパドレスで32試合に出場して打率1割5分7厘、2本塁打、9打点。3Aでは74試合に出場し、打率2割8分1厘、15本塁打、46打点だった。米メジャー通算では62試合に出場して打率1割8分4厘、4本塁打、12打点。

 オグレディは球団を通じて「とてもうれしく、興奮しています。チームの日本一に貢献し、ライオンズファンの期待に応えられるよう精いっぱいプレーします。また、家族と共に日本の文化を学ぶことができるのも楽しみです」などとコメントした。

 守備位置は一塁もこなせるが、渡辺久信ゼネラルマネジャーは「タイプ的には中距離ヒッターですが、一発の魅力もあります。ライオンズでは外野の一角を担い、チームの優勝に貢献してほしいと思います」とコメントした。

 今季のレギュラーシーズン終了後の新外国人選手獲得は、元レイズのディートリック・エンス投手(30)=185センチ、97キロ、左投げ左打ち=に続き2人目となった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング