J1大分の片野坂監督が今季限りで退任「全ての事が私の誇り」J3からJ1復帰の功労者も降格の責任取り

西日本スポーツ

 J1大分トリニータは26日、片野坂知宏監督(50)が今季限りで退任すると発表した。J2降格の責任を取る形で、在籍6シーズンでの退任となる。後任は未定。

 クラブを通じて「降格という結果を重く感じており、決断に至りました」などとコメントした。残り2試合のリーグ戦と準決勝に進んでいる天皇杯は指揮を執る。

 片野坂監督は当時J3だった2016年から指揮を執り、1年目に優勝してJ2復帰を決め、18年はJ2で2位となってJ1昇格に導いた。J1復帰初年度の19年は9位の好成績で、J1優秀監督賞を受賞した。

 毎年のように主力が流出する中、現有戦力に戦術を浸透させる巧みな手腕で、チームを率いてきた。今季はリーグワーストの26得点と苦しみ、7勝8分け21敗と低迷。20日の鹿島戦に引き分け、J2降格が決定した。

 片野坂監督は「トリニータでの6年間は、本当に楽しく幸せでした。全ての事が私の誇りです」とコメントした。来季はJ1のG大阪の監督に就任することが有力となっている。

PR

大分トリニータ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング