アメフトのイコールワン福岡SUNSがフラッグフットボールに参戦 28日に初戦 将来的な五輪出場にも照準

西日本スポーツ

 アメリカンフットボール社会人Xリーグ1部(X1)スーパーへの昇格を決めているイコールワン福岡SUNS(サンズ)が、2028年のロサンゼルス五輪での追加種目入りを目指しているフラッグフットボールに参戦する。

 フラッグフットボールはアメフトを基とした競技で、タックルはなく腰に着用する「フラッグ」を取り合うことで攻守が交代する。サンズは28日の日本選手権秋季大会九州予選(博多の森補助競技場)に出場。将来的には五輪への出場も目指すという。

 吉野至代表は「アメフトだけでなく、フラッグフットボールも盛り上げたい。自分たちが参戦することで、続いていけば」と意気込む。26日は福岡市の和白中でフラッグフットボール大会を開催。約300人の中学生との交流を楽しんだ。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング