ヤクルト日本一の裏で「ホークス」がプロ野球のトレンドに浮上 「内川聖一」も“5連覇”と話題に

西日本スポーツ

 プロ野球のSMBC日本シリーズ2021は27日、神戸市のほっともっとフィールド神戸で第6戦が行われ、ヤクルトが延長12回、2-1でオリックスに競り勝ち、対戦成績を4勝2敗として20年ぶり6度目の日本一に輝いた。

 1-1の12回、代打川端の適時打で勝ち越した。前年最下位からの日本一は1960年大洋(現DeNA)に続き史上2チーム目。セ・リーグ球団が日本シリーズを制するのは2012年の巨人以来9年ぶり。攻守でチームを引っ張った捕手の中村がMVPに選ばれた。

 熱戦に次ぐ熱戦のうちにシリーズが幕を閉じた一方で、ツイッターでは「ホークス」が日本プロ野球のトレンドに浮上した。今季8年ぶりのBクラスとなる4位に沈み、工藤監督が退任して藤本監督の新体制のもと、既に秋季キャンプが終了。一方で昨季まで4年連続日本一に輝いており、特に巨人を4勝0敗で破った過去2年の日本シリーズと今シリーズの対比から、ホークスを引き合いに出して投稿するファンが多かった。

 また「内川聖一」も話題に。昨季限りでソフトバンクを退団し、移籍したヤクルトも日本一に輝いて「5連覇」と驚くファンの投稿が相次いだ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ