荒井崇博らが準決1着 施設整備等協賛 【武雄】

西日本スポーツ

 武雄競輪のG3第2回施設整備等協賛競輪「飛龍賞争奪戦」は27日、準決3番を行った。10Rは青柳靖起マークの松岡辰泰が1着。松岡辰後位の松岡貴久が3着。巧妙に主導権を奪った小原佑太後位の五十嵐力が2着。11Rは原田研太朗が、先行の染谷幸喜に一度は突っ張られながらも豪快に捲って3連勝。マーク高原仁志が2着、G前で伸ばした内藤宣彦が3着。12Rは荒井崇博が勝利。終2角で上田尭弥の番手を坂本貴史に奪われたが、3番手から追い込んだ。上田2着、坂本3着。28日の決勝は荒井が本命。地元4日制G35Vへ、熊本勢とは別線で戦う。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング