荒井地元G3、5V 施設整備等協賛 【武雄】

西日本スポーツ

 武雄競輪のG3施設整備等協賛競輪「飛龍賞争奪戦」(優勝賞金305万円)は28日、最終12Rで決勝を行い、荒井崇博(43)=佐賀・82期・S1=が捲りで制した。荒井のG3優勝は、2019年4月の武雄記念以来で通算16回目、地元バンクでは開設記念4Vと合わせて5回目。2着は熊本3車の番手から抜け出しを図った松岡辰泰、3着は荒井マークの五十嵐力。4日間の総売上額は39億9607万円で目標(40億円)をほぼ達成した。

ヒーロー

 鬼のような強さだった。荒井崇博は終2角すぎ、6番手から猛然と踏み込んだ。別線を豪快に乗り越えた捲りを、「出たね。天才かと思った」と自画自賛した。武雄で5度目のG3制覇には「ゴール前で手を上げようかと思った」と言うほどに喜び爆発。ゴールを過ぎて大ぶりなガッツポーズを繰り返し、ヘルメットを観客席に投げ入れた。地元ファンの眼前に、これ以上ない勇姿を見せた。

 3日目までは熊本勢と連係していたが、決勝は上田、松岡辰、松岡貴の熊本3人でまとまることになり、別線勝負を強いられた。「熊本勢には負けたくなかった。でも熊本に2段駆けで合わせられて9着になっても納得がいく」と、3車が相手でも自力勝負で挑んだ。プライドを懸けた捲りで、20代と30代で構成する3車連係を粉砕した。

 以前は「500勝したら引退する」と冗談を口にしていたが、気が付けば476勝。「いつまでこれ(強さ)が続くか分からないが、1年でも長くS1にいられるように-」。底知れないパワーを見せつけ、まだまだ若い世代に負けないことを証明した。そして「誠一郎と昌己に負けないように」。九州を支え続けている同世代2人の名前を出した。熊本の中川誠一郎478勝、長崎の井上昌己434勝。きっと500勝を超えても、3人の勝ち星レースは続いていくはず。若手の壁となり続け、“佐賀のビッグボス”として君臨を続ける。(野口雅洋)

【決勝VTR】

 北日本と徳島勢のS取り合戦は北に軍配。坂本-内藤、荒井-五十嵐、上田-松岡辰-松岡貴、原田-高原で周回。赤板すぎに原田が前を切ろうとしたが坂本が突っ張り、原田は再度8番手。打鐘前に上田が先行。坂本は打鐘で飛び付きを狙ったが4番手。荒井は脚を使わず6番手。終2角すぎに荒井が捲り、松岡辰は3角番手捲り。荒井が松岡辰を乗り越えながら直線に入り、そのまま伸びて1着。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング