西武の無失点男・平良海馬が告白 ゲームやめて生活に変化

西日本スポーツ 小畑 大悟

 今季、39試合連続無失点のプロ野球記録を樹立した西武の平良海馬投手(22)が、「ゲーム断ち」でさらなる進化を誓った。サッカーゲームに没頭していたが、シーズン終了後、家庭用ゲーム機を知人に譲った。ぽっかりと空いた「おうち時間」は、野球動画などでの研究に費やしている。

 25日に打ち上げた秋季練習では順調にリハビリを進めた。10月23日に右足首の手術を受け、実戦復帰までは3カ月の見込み。62試合で3勝4敗、20セーブ、21ホールド、防御率0・90と抜群の成績を残したが、来季はもっと上を目指している。

 その一環でおうち時間に変化を生んだ。「時間があったら(ゲームを)やるという感じだったけど、やっぱりもったいないなと思って。野球の動画を見たり、ご飯をつくったり。もっといい時間の使い方ができている」。ゲームを一掃。野球漬けの毎日が、若き剛腕をレベルアップに導く。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング