ソフトバンク高橋礼 工藤前監督に「結果で恩返しを」腰痛で離脱も投球再開

西日本スポーツ

 秋季キャンプ中に急性腰痛を発症したソフトバンクの高橋礼が、工藤前監督への恩返しを誓った。

 右内転筋を痛めていたことが腰痛の原因で、脚の回復に時間がかかったと明かし、29日にキャッチボールを再開していた。

 今季は登板11試合で1勝1敗、防御率5・82に終わり、中継ぎ登板した9月11日の日本ハム戦以降は1軍での登板機会がなかった。2018年の入団から指導を受けてきた工藤前監督の期待に応えられず「結果を出すことが恩返しになる」と力を込めた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ