右肩手術のソフトバンク周東400万減「悔しいというか情けない」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの周東佑京内野手(25)が1日、福岡市内の球団事務所で契約更改に臨み、400万円減の年俸3600万円でサインした。

 昨季の盗塁王は今季、9月に右肩の手術を受けて70試合の出場に終わり、打率2割1厘、3本塁打。昨季50個を記録した盗塁数は21個にとどまり「悔しいというか情けなかった」と唇をかんだ。

 現在もリハビリを続けており、12月中にキャッチボールを再開予定。「三森や若い選手も出てきた。競争していけないといけない。その競争に勝てるように」と来季の巻き返しを誓った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ