嘉弥真が残留を表明 今季取得の国内FA権行使せず新たに2年契約

西日本スポーツ

 ソフトバンクの嘉弥真新也投手(32)が3日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留し、新たに2年契約を結ぶことを表明した。

 福岡県内で行われた球団納会ゴルフに参加した後で取材に応じ、「評価していただいたので、しっかり頑張らないとなと思います。2年契約を結んでもらったので、しっかりやらなきゃという気持ち」と語った。

 嘉弥真は沖縄・八重山農林高卒業後、ビッグ開発ベースボールクラブ、JX―ENEOS(現ENEOS)を経て2012年にドラフト5位で入団。中継ぎ左腕として活躍し、17年から5年連続で50試合以上登板している。通算384試合で13勝7敗、防御率3・20。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ