西武・渡辺GM、功労者への思い 昨オフ栗山に続き38歳中村にも複数年

西日本スポーツ

 西武の中村剛也内野手(38)が3日、埼玉県所沢市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、2000万円ダウンの年俸2億円の新たな2年契約でサインした。来季、39歳となるベテランでは異例の複数年契約。昨オフにも同期の栗山が3年契約を結んでおり、西武一筋の功労者が報われる形になっている。

 渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「今年も頑張ってくれたし、けがのことなども当然ある。複数年で本人には2年間は安心してやってもらおうかなと思っている」と中村への2年契約の意図を説明した。

 今季も中村、栗山の両ベテランは主軸として活躍。渡辺GMは「あの二人が引っ張っているようでは駄目。でも、本当にうちの象徴でもある。長年やってもらいたいし、そういう意味も込めての複数年」と話した。(金額は推定)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング