ソフトバンク4位指名のNTT西日本・野村勇 悪夢の幕切れに肩落とす 都市対抗野球

西日本スポーツ

 3日に東京ドームであった都市対抗野球で、ソフトバンクからドラフト4位指名を受けたNTT西日本(大阪市)の野村勇内野手(25)が悪夢の幕切れに肩を落とした。JR東日本東北(仙台市)との2回戦に「4番遊撃」でフル出場して4打数無安打に終わり、チームは9回に5点を奪われて逆転サヨナラ負けした。

 勝てると思ったが、(社会人の)最後は悔いが残る試合となった。もっとNTTでプレーしたかった」。それでも、エイジェック(小山市)との1回戦では好守を披露し、打ってはサヨナラ打も放つなど即戦力の実力は示した。

 藤本監督は来年の春季キャンプで1軍中心のA組に抜てきすることを明言している。三拍子そろった即戦力ルーキーは「(プロでは)また一からの勝負。食らいついていってレギュラーを」と力を込めた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ