ホンダ熊本が4点差逆転勝ち 都市対抗18年ぶり2年連続8強入り

西日本スポーツ

 ◆都市対抗野球大会2回戦 ホンダ熊本7-6伯和ビクトリーズ(4日、東京ドーム)

 ホンダ熊本(大津町)が伯和ビクトリーズ(東広島市)に逆転勝ち。チームとしては準優勝した2002年、4強入りした03年以来、18年ぶりの2年連続の8強入りとなった。

 一時は4点のリードを許したが、2回に山本卓の2ランなどで同点に一挙4点を奪い同点に追いついた。4回は手堅く2本の犠飛で2点を追加して勝ち越し。投手陣も粘ってリードを守り逃げ切った。

 11月29日の1回戦、JR東日本(東京都)戦に続く逆転勝ち。渡辺監督は「初戦も2点先行される中で追いつけた。(昨年までは1度)流れをもっていかれるとかえせなかったが、投打ともに頑張ったと思う」とチーム状況に手応えをにじませた。

 12月6日の準々決勝では東邦ガス(名古屋市)と日立製作所(日立市)の勝者と対戦する。

PR

社会人野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング