ソフトバンク甲斐野200万円減の3600万円でサイン 右肘手術から2季ぶり1軍復帰で22試合登板

西日本スポーツ

 ソフトバンクの甲斐野央投手(25)が4日、ペイペイドーム内で契約更改に臨み、200万円減の年俸3600万円でサインした。

 今季は右肘手術を経て2季ぶりに1軍マウンドに復帰。22試合に投げて防御率は4・35だった。「成績としては全く満足いっていない。でも、リハビリ期間を経て、今シーズン22試合も投げさせていただけたことは僕自身としても自分のことを褒めたい。1軍のマウンド帰ってくることができた」と振り返った。

 4年目の来季へ向けて「中継ぎとして勝ちパターンで投げられるように、50試合以上投げられるように」と目標を掲げた。65試合に登板したルーキーイヤーの2019年以来となる“大台”を目指す。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ