34歳の川内優輝12位「この大会に育ててもらった」

西日本スポーツ

 ◆第75回福岡国際マラソン(5日、福岡市・平和台陸上競技場発着)

 34歳のベテラン川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)は12回目の出場に感慨を示した。状態は万全ではなかったというが「今年を逃したら福岡では走れない。できることは尽くした」と思いを込めた力走で12位に入った。思い入れの深い大会が幕を閉じることに「走っている途中で、過去のレースが走馬灯のように思い浮かんだ。自分はこの大会に育ててもらって、世界に向かえた」と声を詰まらせた。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング