熊本がJ2昇格 OB巻誠一郎さん祝福、直言も

西日本スポーツ

 故郷のクラブでもあるロアッソ熊本で2018年までプレーした06年ワールドカップ(W杯)日本代表の巻誠一郎さん(41)が、J2昇格を決めたロアッソにメッセージを送った。熊本は14年から5年間プレーし、引退した18年にクラブは無念のJ3降格。泥くさく献身的なプレーでサポーターを魅了した巻さんが伝える「変わってはいけないもの」とは?

   ◇   ◇

 長いシーズンを戦い抜き、優勝と昇格を果たした熊本の皆さん、おめでとうございます。終盤戦に苦しんで昇格を決めたことは、今後の財産になると思います。

 ロアッソは私が現役を引退した2018年にJ3降格が決まった。過去2年の戦いを見ると、リーグ序盤は好調に勝ち点3を積み上げても、中盤以降にチームの強みを消されて失速していた。だが、今季は選手が個の力をつけ、チームとしても進化できたことが昇格につながったと思う。

 大木監督は、これまで指揮を執ったチームでも前線からプレッシャーをかけてボールを奪い、丁寧にパスをつないでボールを保持するサッカーにこだわってきた。

 今季はそのこだわりを残しながら、今のメンバーの強みも引き出すチームづくりをしているように見えた。相手の背後を狙うパスやロングボールも増え、時間帯によって戦術を使い分けられるようになった。その意味でワントップの高橋の役割は大きかった。

 今季、4バックから3バックに変更したことも勝ち点を積み重ねられた要因になった。中盤を厚くしたことで前への推進力が出て、守備でも中盤で耐え抜くことができるようになった。

 大卒2年目の高橋や大卒ルーキーの杉山や坂本、やはり大卒2年目でキャプテンを務める河原など若く才能のある選手が増えてきた。今後J2やJ1で戦うためには彼らのさらなる成長が不可欠だ。プレースピードや判断をさらに速くする必要がある。チームとしての組織的な連動、プレーのスピードももっと上げなくてはいけない。

 選手は替わってもクラブとして変わってはいけないものがある。16年の熊本地震。「熊本を元気に」と選手は県民のために一つになって戦った。一緒にプレーした選手は少なくなったが、あの時の思いはチームの財産にしていかなくてはいけない。

 熊本に住み、OBでもある私でさえ、ロアッソの情報を耳にする機会は少ないのが現状だ。プレーはもちろん、地域貢献などでも人の心を動かすような活動をして、本当の意味で県民に愛されるクラブになってほしい。故郷であり、古巣でもあるクラブが一つでも上のカテゴリー、上の順位で戦う姿を望んでいる。(元サッカー日本代表)

PR

ロアッソ熊本 アクセスランキング

1日
2022/8/20 15:00 更新
1週間
2022/8/20 15:00 更新
1ヶ月
2022/8/20 15:00 更新

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング