J2北九州、小林伸二氏が監督退任 クラブに残り若手育成

西日本スポーツ

 J2ギラヴァンツ北九州の小林伸二監督(61)が今季限りで退任することが5日、分かった。今後は兼務するスポーツダイレクターに専念し、育成部門の強化に本腰を入れるクラブで若い才能の発掘に尽力する。近くクラブから発表される。後任は内部昇格を軸に検討しているとみられる。

 小林監督は長崎県出身。2019年に北九州の監督に就任し、J3だったクラブを優勝に導き、J2に昇格させた。20年はJ2で5位の健闘を見せたが、主力が大量に流出した今季は苦戦を強いられた。

 小林監督は大分、山形、徳島、清水でクラブをJ1昇格に導いた実績から「昇格請負人」として知られる。J1広島などで育成部門に携わった経験もあり、若手の成長を促す手腕にも定評がある。クラブはJ2復帰を目指しながら、小林氏とともに下部組織の整備などを進める方針だ。

PR

ギラヴァンツ北九州 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング