千賀、2023年にもメジャー 5年契約破棄可能

西日本スポーツ 鎌田 真一郎

 ソフトバンクの千賀滉大投手(28)が5日、ペイペイドーム内で契約交渉に臨み、今季取得した国内FA権を行使せず年俸6億円の5年契約(変動制)でサインした。球団日本人投手歴代最高額となった新たな契約は、米大リーグを目指す上で契約破棄が可能なオプトアウト(条項)付き。来季中にも海外FA権を取得する右腕は、かねて希望してきたポスティングシステムではなく、超大型契約をステップに「夢」の実現を見据える。(金額は推定)

   ◇   ◇

 マウンド同様、千賀は会見場でも表情を崩さなかった。「責任感を持たないといけない」。前年から2億円増の年俸6億円。年俸270万円でプロの道に踏み出した育成での入団時から、およそ220倍の高額年俸に上り詰めた。4億6000万円のクローザー森を抜き、球団の日本人投手歴代トップに躍り出た。

 新契約は変動制による5年の複数年契約で、これも森の4年を上回る球団の日本人投手最長だ。一方、2017年オフから要望してきたポスティングシステムによる米大リーグ移籍はかなわなかったが、米大リーグを目指す上で契約を破棄できるオプトアウトが付いた。「野球人として常に前を向いて進む中で、前があるので」。順調なら来季中に海外FA権取得見込みで、早ければ23年シーズンに米大リーグの舞台に立つことが可能となる。

 強いメジャー志向を抱き、前年は国内FA権取得を控えながらも単年契約を選んだ右腕が今回は新たな複数年契約を結んだ。その背景には「谷あり、山あり、谷あり、谷あり」と表現した今季の苦い経験があった。

 両ふくらはぎの不安で出遅れ、初登板だった4月6日の日本ハム戦で左足首の靱帯(じんたい)を損傷し長期離脱を余儀なくされた。「いつ野球選手は大きなケガをするかは、本当に試合が終わってみないと分からないと、改めて思わされたシーズンだった」。選手側からみれば想定外のアクシデントがあっても保障され、球団としても国内他球団への移籍は防ぐメリットがある今回の契約内容だ。

 とはいえ、複数年契約を結んでも突き進む道筋は変わらない。来季がチームでの“ラストイヤー”になり得る昨季の「投手3冠王」は22年を集大成にすることを誓う。「キャリアベスト。今までの数字を全部ぶち抜くぐらいの気持ちでいかないと」。日本一奪回、そして憧れのメジャーの扉を開くために、6年連続2桁勝利をマークしたエースは無双のシーズンを送る覚悟だ。(鎌田真一郎)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ