【ボート王国九州・山口!】白井「寺田の分まで」 【鳴門】

西日本スポーツ

 奇襲が実を結んだ1着だった。準決勝11R、3号艇の白井英治が本番の進入で選択したのは3カド。「勢いが違うので3カドは遠藤さんを止めただけ。Sもフルダッシュなら持つと思ったけど、風も難しいので大事を取ってカドにした」と慎重な判断としながらもコンマ10のトップタイのSを放ち、会心のまくり差しを決めた。その3カドも「何度かやろうと思ったけど、そこまでしてもなと思って…。やってみたら結構きたんで今後は多用していく」と自身にとっても新たな発見でもあった。

 次節はSGグランプリを控えるが「この大会はいい緊張感で走れている。メンバーがいいので、自ずと緊張感が高まる」と今節はさながら年末の大一番の予行演習のように戦っている。

 「男子同士なら足は問題ないが、自分の中では◎までいっていない。回転が上がらない条件になると良さが出ない」と機力面に納得はしていない。それでも「ディフェンディングチャンピオンの寺田の分まで頑張りたい」と初戦で姿を消した盟友の存在を原動力に奮闘を続ける。

 決勝戦で手にしたのは4号艇。「本当は1枠を引いて緊張感を味わいたかったけど、僕が引くタイプではないので仕方がない。4枠は悪くない。勝負できると思います」。最後はフルダッシュから最高の“ストレート”をぶち込んでみせる。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング