西武戦力外の多和田「手応えあった」1年ぶり打者相手に最速146キロ

西日本スポーツ

 ◆12球団合同トライアウト(8日・メットライフドーム)

 西武から戦力外通告を受けた多和田が打者3人に対し、無安打1四球と好投した。

 先頭にはストレートの四球を与えたが、その後は二ゴロ、左飛。最速は146キロを計測した。

 今季はファームでも公式戦の登板はなし。打者相手の登板は「昨年ですね。今年は公式戦に投げてないので、昨年の10月後半(以来)ですかね」と説明した。1年以上のブランクがありながらも2018年の最多勝右腕の実力を見せつけた。背番号18で元本拠地のマウンドに上がり、「今日は100パーセントじゃないですけど、手応えはあった。もっともっと投げたい、野球はしたいという気持ちはあります」と現役続行を願った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング