ソフトバンク古谷が左手指を手術 競技復帰まで3カ月の見込み 血行障害の疑いで秋季キャンプを離脱

西日本スポーツ

 ソフトバンクは10日、古谷優人投手(22)が8日に群馬県内の病院で左手第3、4指血管外膜剥離術を受けたと発表した。無事に終了し、競技復帰まで約3カ月を要する見込み。

 古谷は1年目の2017年に胸郭出口症候群と診断されたことがあり、今年の宮崎秋季キャンプも血行障害の疑いで途中離脱していた。5年目の今季は13試合に登板して1勝1敗2ホールド、防御率2・03。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ