ソフトバンク、古谷の保留権を放棄 ロッカーでの窃取認める 来季契約を結ばず自由契約に

西日本スポーツ

 ソフトバンクは24日、古谷優人投手(22)と来季の選手契約を締結しないと発表した。野球協約74条(2)に基づいて契約保留期間を終了させ、コミッショナーへ自由契約選手公示の申請を行う。

 所属選手からロッカー内での私物盗難被害の申し出があり、警察が調査した結果、古谷が窃取していたことが判明。本人も事実関係を認めたため、選手契約を締結しがたい重要な事案と判断して、来季の選手契約を結ばないことを通達したとしている。 

 古谷は北海道・江陵高からドラフト2位で2017年に入団。最速160㌔の左腕で、5年目の今季は13試合に登板して1勝1敗2ホールド、防御率2・03。通算成績は17試合に登板して1勝1敗2ホールド、防御率2・37。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ