ソフトバンク三笠GM「深くおわび」古谷の自由契約受け 被害選手は被害届出さない予定

西日本スポーツ

 ソフトバンクは24日、古谷優人投手(22)と来季の選手契約を締結せず保留権を放棄し、自由契約とすると発表した。

 球団施設のロッカー内で所属選手1人の私物を窃取したことを受けた判断としており、三笠杉彦ゼネラルマネジャー(GM)はオンライン取材で「ファンの皆様、球界関係者、深くおわびするとともに再犯防止へ防犯対策の強化をしたい」と謝罪した。

 シーズン中に所属選手1人からロッカー内での私物盗難被害の申し出があり、警察が調査した結果、今月に入って古谷が窃取していたことが判明。本人も事実関係を認めた。被害選手は被害届を出す予定はないという。

 ソフトバンクではペイペイドームの清掃員による窃盗事件もあったが、今回の件について、三笠GMは「直接的な関わりはございません」と説明した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ