川口雄太、中村美千隆が優勝 ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイトは最終日の24日、8Rでチャレンジ戦、9RでA級1、2班戦の決勝を行い、チャレンジ戦は中村美千隆(45)=兵庫、A級1、2班戦は川口雄太(25)=徳島=が優勝を挙げた。

 チャレンジ戦は、HSで先頭の石田拓真を、白井優太朗が強引に叩いて両者でもがき合う展開。最終的に白井が叩き切ると、石田の番手を回っていた中村は、3角から捲り追い込みを開始。よく伸びてゴール前で白井をとらえ、今期2度目の優勝。中村は「石田君を残したかったが、最後はいっぱいになっていたので踏ませてもらった」と、前を任せた若手の頑張りを無駄にしなかった。来期はA級1、2班戦へ復帰する。「この優勝は自信になった。1、2班戦でも1着が取れるように頑張りたい」と早速、昇班初戦の次戦に向けて気を引き締めていた。

 A級1、2班戦は、三浦貴大が打鐘から仕掛けて主導権を取ったが、前で待ち構えた川口もうまく合わせて踏み込んで三浦の後位を奪取。川口は満を持して4角から抜け出し、2場所前の久留米に続いて自身2度目のVゴールを決めた。川口はレース後、「必死でした。準決はいいレースができなかったのでホッとした。8割方、前で粘ることを意識していた。結果的に蓮井さんとワンツーできて良かった」。来期はS級に初昇格。「S級でも泥くさいレースをして、少しでも上にいけるように頑張りたい」と晴れやかな顔で締めくくった。

【次回小倉ミッドナイト開催】
12月28~30日
A級1、2班戦(5個レース)、チャレンジ戦(4個レース)

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング