人的補償の岩崎「中日に感謝」又吉FAでタイトルホルダー移籍

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの岩崎翔投手(32)が、又吉克樹投手(31)の国内フリーエージェント(FA)移籍に伴う人的補償として中日に移籍することが決まった。27日、両球団が発表した。

 岩崎は市船橋高(千葉)から2008年に高校生ドラフト1位で入団。17年には球団記録となる72試合に登板し、46ホールドポイントを挙げて最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。

 ソフトバンクを通じて発表した岩崎のコメントは以下の通り。

 来年、再起をかけたシーズンと見据えていたので、今回の移籍をチャンスととらえ、自分を選んでいただいた中日球団に感謝しつつ、精一杯のピッチングができればと思います。

 長い間、応援してくれたホークスファンの皆さん、大した成績も残せませんでしたが、そんな自分への皆さんの応援が本当に力になりました。

 マウンドで頑張っている姿を見かけたら、また声援を貰えると嬉しいです。

 本当にありがとうございました。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ