恩師没してから4度目の冬 「残っているんですね」福岡大大濠の片峯監督が脳裏に刻んだ言葉 全国高校バスケ

西日本スポーツ 山田 孝人

 ◆全国高校バスケットボール選手権(29日・東京体育館) 決勝 福岡大大濠59-56帝京長岡

 福岡大大濠を全国的な強豪に育て、2018年に亡くなった田中国明さん(享年75)の情熱を、教え子の片峯聡太監督(33)が引き継いで頂点に立った。「天国の田中先生にいい報告ができる」。終始冷静だった指揮官の目が少しだけ潤んだ。

 「おまえしかおらん」と筑波大卒業後の10年に監督に就任。田中さんが総監督などの立場で支える師弟体制で13、14、17年に準優勝。ウインターカップの優勝は2人にとって悲願だった。

 伝統を継承しながら、守備の重要性などを落とし込んで栄冠。同校OBのグループラインには田中さんの言葉が残っている。「東京体育館に忘れ物がある」-。片峯監督は「17年ごろかな。残っているんですね」。恩師が没してから4度目の冬。忘れ物を福岡に持って帰る。(山田孝人)

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング