神村学園は2年生エース福田の活躍及ばず 有村監督「強さと資質は際立っていたが…」 全国高校サッカー

西日本スポーツ

 ◆全国高校サッカー選手権2回戦 神村学園2-3帝京長岡(31日、等々力陸上競技場)

 5大会連続9度目の出場だった神村学園が、3大会ぶりに初戦で涙をのんだ。

 過去2大会連続で4強入りした帝京長岡に2-3で惜敗。U-18(18歳以下)日本代表候補のエース福田(2年)が2点を追う後半4分に頭で決め、同36分には佐藤(3年)の得点をアシストする活躍を見せたが、相手の鋭いサイド攻撃を封じられなかった。

 有村監督は「福田の強さと資質は際立っていたが、もっと決められた。悔やんでいると思う」と心中を思いやった。

PR

高校サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング