2021年のJ1福岡ベストゲームに侃々諤々 長谷部監督、サポーターの1位は?

西日本スポーツ

■「自分たちの100パーセントを出せた」長谷部監督の1位

 長谷部監督は2021年のベストゲームに9月11日・アウェー鹿島戦(○3-0)を挙げた。「リスペクトしている相手に内容も結果も良い試合をした。自分たちの100パーセントが出せた」と振り返った。2位は8月25日・ホーム川崎戦(○1-0)。過密日程でスタメンを大幅に入れ替えた中で川崎が前年から続けていたリーグ戦連続無敗記録を30試合で止め、一丸となった福岡の強さを示した試合だった。

 3位は9月25日・ホーム鳥栖戦(○3-0)で「鹿島戦と同じように100パーセントが出せた。自分たちの狙いやアイデアが全員で共有でき、試合で出せた。それにダービー」と会心の勝利を振り返った。

 4位は4月10日・アウェーC大阪戦(△2-2)。5位は8月9日・ホーム広島戦(△1-1)。

 「4位と5位は引き分けですけど、ここから上がっていくきっかけになった試合。ともに退場者を出して10人になったけど、自分たちの戦い方を前面に出して、接戦に持ち込むことができた。広島戦は(5連敗中で)勝ちに飢えていた状態で(東京五輪期間の)中断に入った。さあここから行こうという時に(中断前と)同じように負けてしまう空気もあった中でスタジアムのサポーターが後押ししてくれ、選手たちも奮闘し、キャプテン(の前)のゴールで追い付き、その後、ぐっと上向きになった」

PR

アビスパ福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング