大津3度目の無失点勝利 5バックで耐えた 全国高校サッカー

西日本スポーツ

 サッカーの全国高校選手権第5日は4日、千葉・フクダ電子アリーナなどで準々決勝があり、大津(熊本)が1-0で前橋育英(群馬)に競り勝って初のベスト4入りを決めた。前半11分に一村聖連(3年)のゴールで先制。今大会1失点の堅い守りで相手の猛攻をしのぎきった。熊本県勢の4強は1954年度の第33回大会で熊本工が進出して以来、67大会ぶりで、九州勢としては東福岡が優勝した2015年度大会以来。大津は熊本県勢初の決勝進出を目指し、8日に東京・国立競技場が舞台となる準決勝で関東第一(東京B)と対戦する。

   ◇   ◇

 ゴール前に攻め込まれても寺岡(3年)らが体を張ってシュートをブロックするなど、大津のDF陣は持ち味を発揮した。後半17分にボランチの森田主将(同)が左脚の打撲で交代してからは4バックを5バックに。猛攻に耐え、今大会3度目となる無失点で初の4強入りに貢献した。

 高校年代最高峰の高円宮杯U-18プレミアリーグ西地区でJリーグの育成組織相手に守勢に回ることが多く、春先は5バックを採用。耐え抜く戦いで4位と健闘した。4戦13得点の攻撃陣に注目が集まっているが、寺岡は「僕らは元々守備のチームなので、練習でもゴール前で体を張ってきた。プレミアで守り抜いてきた経験も生きた」と自信をみなぎらせた。

PR

高校サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング